モモンガ通り3番地

蒼白き瞳の焔で 薄暗い足元照らしだせ 道は続いてる  ”終末のコンフィデンスソング”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下巻だ


eiyuu.jpg

お金が入ったので、ようやく「英雄の書」の下巻が手に入りました。

ちなみに上巻は読み終えたのでございまする。

現代小説か? ファンタジーか?といろいろ予想したんですが、結果、普通にファンタジーでした。

中盤の設定を説明するところが、かなりタルかったけど(実際、そこ1、2ページくらい読み流した)、全体像としてみれば割と面白いです。主人公が女子小学生だからか、感情が少々ストレートすぎるところはあるけど。

人の悪意とかがテーマの1つになっているからか、「模倣犯」に似ているなーという印象。兄の罪のせいで、周囲から拒絶される妹、って部分も一緒ですし。「ちょっとしたことで、日常は崩れ去ってしまう」って部分はまんまですね。というかこう列挙していくと、もう模倣犯の再来としか思えなくなってくる(笑) 実際はファンタジー要素が強いんで、全然違います。回を追うごとに冒険する仲間が増えていく様は、さすがゲーム好きの宮部さんだぜ!と思う。

とりあえず、下巻は1章分だけ読み終えた。やっと話が動き始めたなーという感じ。これからが楽しみです。





そういや、今日の仮面ライダーディケイドは面白かったですねー。いろいろ無茶とかよくわからんことあったけど(笑)
キバの世界と龍騎の世界では、「士、最後にかっこいいセリフ言ってるだけじゃん。こんなんで絆とか安っぽくね?」という感が否めなかったんですが、ブレイドの世界ではちゃんと2回でカズマ君と絆を結んでくれたんで、すごく燃えました。ブレイドブレードがCG丸出しで噴いたけど(笑)
というか、ユウスケ本格的にいらなくね? 彼がいないほうが「士と現地ライダーとの絆」を押し出せて、よくなると思うんだけど、どうだろう。クウガにもならんし。


スポンサーサイト
  1. 2009/03/22(日) 21:33:06|
  2. 紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuraken1516.blog90.fc2.com/tb.php/163-9f36bde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。